これまでの取り組み
  1. HOME >
  2. これまでの取り組み >
  3. 市民の取り組み

市民の取り組み

市民の取り組み 行政の取り組み 取り組みの高価

佐鳴湖ネットワーク会議のようす、佐鳴湖ネットワーク会議だよりの画像 ここでは、行動計画に定められている、市民が行う浄化対策の中心的役割を担う佐鳴湖ネットワーク会議※について紹介します。
佐鳴湖ネットワーク会議は、市民団体、自治会連合会、学校、漁協、企業等の50団体が参加しており、各グループにわかれて様々な活動をしてきました。
また、年に3〜4回、佐鳴湖ネットワーク会議を開催し、ネットワーク会議の活動内容やスケジュールを話し合ったり、佐鳴湖についての勉強会や参加団体の活動状況を共有するための活動内容等を報告してきました。

※佐鳴湖ネットワーク会議は、現在解散しています

佐鳴湖ヨシ刈り

ヨシ刈りのようす 毎年数回、市民約100人が集まり、佐鳴湖周辺のごみ拾いをしています。
刈り取ったヨシは、茶畑などの敷ワラや土壌改良材に活用するなど再資源化しています。 ヨシ刈りのようす、刈り取ったヨシの再利用のようす

新しい湖の評価基準

水質基準を設けるための調査内容、アンケート調査のようす 佐鳴湖では、CODだけでなく、市民の感覚でわかりやすい水質の基準を設けるために、新たな指標(「人と湖の豊かなふれあいの確保」「豊かな生態系の確保」)で調査を進めています。これからもみんなで調査を続けて、佐鳴湖の水質を見守っていきます。

■簡易水質測定:クロロフィルa・濁り

注射筒とろ紙を使って佐鳴湖の水をこすようす、佐鳴湖の水をこしたろしの画像(春夏秋冬)

■新しい指標(案)による評価:人と湖の豊かなふれあいの確保

■新しい指標(案)による評価:豊かな生態系の確保

「人と湖の豊かなふれあいの確保」指標、「豊かな生態系の確保」指標による平成20年の調査結果

佐鳴湖クリーン作戦

佐鳴湖クリーン作戦のようす、ごみ回収量のグラフ 毎年2回、市民約3,000人が集まり、
佐鳴湖周辺のごみ拾いをしています。

環境学習

環境学習のようす 学校や市民団体が、佐鳴湖の自然環境、生息する生物などについて学習する際には、佐鳴湖博士を派遣しています。
佐鳴湖についてわからないことや佐鳴湖博士に教えてほしいことがあったら、静岡県浜松土木事務所企画検査課、浜松市環境保全課にお問い合わせください。

【佐鳴湖学習をおこなっている学校】
浜松市立入野小学校・中学校
浜松市立大平台小学校
浜松市立佐鳴台小学校・中学校
浜松市立富塚小学校・中学校
浜松市立富塚西小学校
浜松市立北部中学校
浜松市立雄踏小学校・中学校

TOPへ HOMEへ